雪遊び

更新日
03/01/09

松が明け年末年始の忙しさが一段落して、ホッとしたと思ったら実はやらなければならない事が山積みだと気が付いた四代目です。

以前は冬になると気が落ち着かないというか、ワクワクしていました。四代目は山形っ子らしく(?)スノーボードで遊べたりします。ちょこっと跳ねたり。小さく飛んだり。大きく転んだりしてました。しかしながら、今はただ滑るだけです。スィーっと

はっきり言うと怪我をしたくないからです。と言うより現在の状況を考えると怪我はできません。怪我をして仕事を休むような事になれば家族に迷惑が掛かるのは必至で、そうなった時の家族の視線の痛さはきっと怪我を越えるものになるでしょう。いわゆる大人の判断とでも申しましょうか・・・

でも、ただ滑るだけでも面白いんですよ。エッジが雪を切る感覚はなかなか気持ちが良いものです。それと出かける前日のメンテナンスなんかも懲りだすとクセになります。(滑走の技術よりそちらの方に力を注いでしまう場合も無きにしもあらすで深い世界です)折角、山形で生活するのだから冬をそれなりに楽しまないと勿体無いです。そんなに短い付き合いでも無いですし、遊び方の選択肢も増えていますから

以前どこかでこんな言葉を見かけました。

「あなたが冬を寒いと感じるのは家の中にじっとしているからだ」

17

過去ログ